綾瀬学習塾 リード個別学習教室自律型個別指導・高校受験・推薦進学 子供英会話 小学生のびのびEnglishくらぶ 神奈川県綾瀬市

ブログ

  • HOME »
  • ブログ »
  • 塾長日記

塾長日記

≪両立…≫

内申と偏差値の両立が今後のテーマ…単に一斉指導と個別を組み合わせて、尚且つ時間を今より「倍」にすれば解決するという単純な問題でもない。基本的には偏差値(実力)が根っこにあって、実力が付けば自然と内申も上がるという流れに持 …

≪鍛える…≫

「覚えるべきルール(公式であったり、規則など)をなるべく少なくし、多くの問題を解けるようにする」というのは勉強の理想です。しかし、勉強の苦手な子にとって「ルールの少なさ」は、一見楽なような気がしますが、むしろ逆であり、苦 …

≪説く…≫

塾における、「分かる?」→「大丈夫です。」の問答ほど、意味のない会話はない。それでもしてしまう…(-_-;) いざ確認テストをしてみると、ぼろぼろの結果になる子もいる。中には、とにかく理解せずに暗記暗記…となってしまう子 …

≪約束…≫

時間に対する意識…最近は生徒の話を聞いていても友達との約束にルーズになっているように感じる。その背景の1つに、携帯電話の普及もあると思う。携帯電話が普及する前は、「約束」することは大変だった。待ち合わせには絶対遅れないよ …

≪時…≫

神奈川県高校入試まであと100日…受験生にとって、これからの時期は、今までの時間の流れとは違い早く感じられるかもしれない。時は金なり。光陰矢のごとし。寸陰を惜しむ。月日に関守なし。光陰に関守なし。白駒の隙を過ぐるが若し。 …

≪分かるとは…≫

勉強が苦手な子ほど「完成品」すなわち「答えそのもの」を求めようとします。「答えそのもの」ではなく、もっとその「過程」に興味を持ち始めると取り組み方が変わってきます。たとえば、料理が苦手な場合、最初から出来上がっているお総 …

≪自分にとってベストを…≫

授業を行うにあたり、気を付けないといけない場面がある。それは「解説」である。解説が目的になってはいけない。なぜなら解けるようにすることが目的だからである。たまに「解説」そのものが目的になってしまっていることがある。これは …

≪叱るとは…≫

「叱る」という行為は、ある程度の信頼関係がなければいけないと考えている。叱るためには、叱る側にも本気度(迫力)や説得力や人間的魅力、そして生徒本人と築いてきた背景なども必要だ。もちろん、そうした状況にかかわらず、叱らなく …

≪誰のために働くのか…≫

「将来の夢は」と聞かれて「〇〇になりたいです。」はっきりと答えられる生徒はどのくらいだろうか。自分のために働くのか、他人のために働くのか…自分のために働くといってもその結果 他人を幸せにしているケースもある。学生が一生懸 …

≪義務…≫

寒くなってきましたね。受験まで108日(今日含まず)です。よく年明けから、学校に行かないで自宅で勉強する生徒や平日午前中から塾に来たいという生徒がいます。正直、気持ちも分からないでもないが、断るようにしています。理由とし …

1 2 3 24 »

ブログカレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ブログカテゴリー

ブログアーカイブス

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © 2007 - 2019 リード個別学習教室 All Rights Reserved.